受注生産モデル

クルマが生産されると言うことは、基本的にそのクルマが生産される国で販売されることになります。しかし近年においては海外生産をしてそのクルマを日本が逆輸入で販売するというケースがあったり、海外展開をしているクルマメーカーがそのクルマの海外向けのモデルを、現地でそのまま生産して販売すると言うケースも見受けられるようになりました。

 

このようにしてクルマの生産は時代を重ねるごとにいろいろなパターンが追加されてきましたが、注文を受けてから生産するスタイルである「受注生産モデル」と言うものがあります。この受注生産モデルの例としては、トヨタから発売されているミニバンシリーズのひとつである「ヴォクシー」がこうした受注生産モデルを販売しています。

 

ヴォクシーはもともと日本国内だけの生産モデルとなっているのですが、海外からの注文もあることがあるので海外に向けて販売されることがあります。そうしたときに受注生産モデルが生産されることになりますが、たいていの場合においては左ハンドルの国からの注文がヴォクシーに舞い込んでくるので、右ハンドルのヴォクシーは生産されるにあたってもちろん左ハンドルに仕様変更がされた上での販売になります。

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。