ライトエースノア

わたしたち人間でもクルマにおいても、世代交代は必ず存在しています。人間の生き方が世代ごとに変わって行くのと同じように、クルマにもエンジンが進化して行ったりボディ剛性がアップしていったり、スポーツカーが少なくなっていったりと言うことがあります。今のクルマのコンセプトが、次に開発されるクルマの元になって生まれてくることはよくあることですが、それは発売されてみないとわからないものです。

 

トヨタ自動車においてはミニバンシリーズが世代交代を迎えてモデルチェンジをして来ました。そのひとつの例が「ライトエースノア」の後継車種として発売された「ヴォクシー」になります。もともとは「タウンエースノア」と兄弟車種になっていたのがライトエースノアでありましたが、そのライトエースノア、そして兄弟車のノアと差別化をはかるために若者向けのデザインをほどこしたものがこのヴォクシーなのです。

 

ライトエースノアはどちらかと言えば商用車用としてのミニバンのイメージが強いものになっていたのですが、今のそのヴォクシーはそう言ったイメージをふっしょくするために若者向けのデザインにすることで、世代交代をはかって販売がされるようになったのです。

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。