2代目ヴォクシー

若者向けのミニバンと言う位置付けで販売されたのが「ヴォクシー」ですが、そのヴォクシーが2007年6月27日にフルモデルチェンジを果たして2代目ヴォクシーへと生まれ変わりました。2代目ヴォクシーのコンセプトはそのままキープされたものになっていますが、エンジンについては2代目ヴォクシーの中に設定されているグレードの「ZS」と呼ばれるモデルに「バルブマチック」と呼ばれるシステムを搭載したものが使われました。

 

このバルブマチックは2代目ヴォクシーの燃費性能とポテンシャルを両立させることにつながり、エコロジーがより重要視されることになった現代においても時代の流れに対応出来るようになりました。そしてこのバルブマチックエンジンはのちに全グレードに搭載されることになり、これによって自動車重量税と自動車取得税が50パーセント減税だったものが75パーセントの減税になり、よりお買い得感がアップしたミニバンになりました。

 

また初代において設定されていた特別仕様車のモデルである「煌(きらめき)」シリーズが今回の2代目ヴォクシーでも採用されることになり、いろいろな豪華装備が満載のモデルとなって進化モデルも登場しています。

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。